スケッチ道具類

付き合っていた彼(現在の夫)が私に買ってくれた道具類がこれらである。

白っぽい鉛筆っぽいのは日本語だと紙ペン、英語だとBlending Pencilと言うのかな?一番下はStanfordの練り消し。英語だとKneaded Rubber Art eraserらしい。

年末日本に帰ったら、画材屋に行って買い物をする予定である。もちろん釣具屋も行く予定だ。

12月だけど暑い

今午後三時なのだけれど、摂氏26度もある。ワシントン州で住んでいた場所は摂氏7度。寒がりなのでつい重ね着をして、結果暑すぎることが多くて、いい加減学べよ自分という気分。外出した訳は生姜を使い切ってしまい、豚の角煮を作っているので生姜を買いに行ってきた。いま煮込んでいるので香ばしい香りがする。

これは現在ピーベリーの絵を少しずつ描いているところ。昨日昔行ったことのある画材店のウェブサイトをのぞいたらクリアランスが沢山あり、夫に話したら結構色々買い物をした模様。届くのが待ち遠しい。

マンゴの横顔スケッチ

以下の写真を見ながらマンゴをスケッチしたのはワシントン州にいた時であるが、その時はまだまだ下手すぎて長い間放置していた。Getty Centerに行った事で触発され、再挑戦した。

それがこのスケッチである。まだまだ下手だけど少しは進歩したと思いたい。

実は現在Getty Center周辺で山火事が発生していて、被害が出ているようで心配だ。

Getty Museum

先週土曜日は懐かしいGetty Museumに行ってきた。夫は美術関係が好きなのである。ここは駐車料金がかかるが無料で入ることができる。夕方の景色が綺麗だからと言われ行ったのだが、この日は残念ながら靄がかかっていて見れなかった。因みにゴッホのアイリスはゲティ・センターに所蔵され、絵の前には沢山の人がいた。

展示物はゴールドが一杯だった。

これは像の後ろにも彫られていて面白いと思った。

これは外の庭でたむろすMandarin duck。

その後家に帰宅した後はマンゴの写真を見ながらスケッチしたデッサンが下手すぎるので、少して手を加えたけれど、まだまだ完成には程遠いようだ。もっと上手になりたいなあ。

日曜日は釣りに行ったのだが、釣れる魚はほぼ鯖。しかも大中小。私よりも夫にどんどんあたりが来て、大きめのがかかっているのに、私には小さめしかかからず残念。でも鯖は数量無制限なので全部持ち帰り、猫たちも満足。そして鯖は鯖の切り身をサビキにつけるとさらに釣れるらしいので今度試してみようと思う。夫は鯖のみだったが、私は大小2匹のjacksmeltが釣れた。

猫達の話

猫達ったら、毎日毎日お魚がもらえると思っているのか、催促ばかり。毎日釣りばかりできれば良いけれど、住んでいる場所から海まではちょっと遠いから我慢してほしい。

猫達は相変わらず仲がよさそうでなによりだ。

昨日ちょっと出かけて帰ってきたら、マンゴが私の座る場所で寛いでいた。

その後は私の太ももに座った。ちょっと邪魔だけど近くにいてくれるのは嬉しい。